私たちサークルドアの目指すもの

こんにちは。サークルドアです。

 

 今日は少し堅い話ですが、私たちサークルドアの理念や活動内容についてお話したいと思います。

 

 まず“サークルドア”とはどういう意味なのか?とりあえずかっこいよさそうだから付けた横文字の名前ではありません。

“サークル”とは友人や家族・会社といった人の輪、つまりコミュニティを指します。

 そして、“ドア”はどこかに入る入口、またはどこからか抜け出す出口ですよね。

そう、“サークルドア”とは困っている方々のコミュニティへの入り口、または困っている状態からの出口となりたいと願って付けた名前だったのです。

 多少こじつけもありますが(笑)

そんな想いで路上生活者や生活保護受給者、ネットカフェ難民などの生活支援を行っています。

 

そんな困っている人たちへのコミュニティの入口となりたい私たちですが、行えることは限られています。

では、どんなことをしているのかというと、ざっとこんな感じです。

 

    生活困窮者の食糧支援

    生活困窮者への住居支援

 

 

まず、①はおにぎり会というおにぎりの炊き出しを毎月2回浅草で行っています。他には夜回りでのおにぎり配布やサークルドアの住居での無償食事提供などを行っています。

 

②では、文京区千駄木に一時住居提供施設があります。

 

さらに私たちはアパートへの移行を積極的に支援していますので、半年を目処にアパート移行を積極的行っています。

 

 

そんなアパート移行を果たした相談者の紹介もしたいのですが、長くなりそうなので今日はこれぐらいで・・・

 

 

困った時はどなたでもいつでも相談して下さい!!